ネイティブと会話を楽しみたい!

*

学校での英語の成績が良かったとしても、はたまた基本的なビジネス英語は完璧だった としても、例えば、映画やミュージカルを観に行ったら英語が聞き取れなかったり、 ネイティブの日常会話が聞き取れないなど経験したことがある日本人は少なく無いようです。 学校の教科書で学んできた英語や英文法が無駄だったのかというと、決してそうではありません。 日本語に丁寧語や友達同士の話し方があるように、英会話には「堅い英語」と 「カジュアルな英語」どちらもあるのです。普段日本人同士で話すようにネイティブとも 話したいなら、洋画・海外ドラマがおすすめです。

*

まず、映画を観ながらわからない単語やフレーズをメモしていきます。 その時オンライン辞書を活用すると良いでしょう。はじめは分からない単語だらけかも しれませんがこつこつ丁寧に調べていくにつれてだんだん語彙力がつき、 わからない単語やフレーズが減っていきます。定番のフレーズやイディオム・単語などは 繰り返し出てくる可能性が高いので、記憶に残りやすくなります。 洋画や海外ドラマを使った英語学習の利点は、映像のおかげでシチュエーションが一目瞭然 なので、どのような状況でどのようなトーンでこのフレーズを言えばいいのかも身につけら れます。

字幕なしではほとんど理解できない・わからないという初心者の方には、 最初は「英語音声+日本語字幕」次に「英語音声+英語字幕」そして「英語音声+字幕なし」 という順番で観ることをおすすめします。 字幕なしでもだいたいストーリーがわかる上級者の方には、 「英語音声+字幕なし」でまず挑戦して、次に「英語音声+英語字幕」で確認し、再び 「英語音声+字幕なし」にして、理解度を確認すると良いでしょう。


何度も繰り返して見よう!

日本人同士で話すようにネイティブともカジュアルに話せるような英会話力を 身につけたいという人には、洋画・海外ドラマがおすすめです。 同じものを最低10回は観ると良いという意見もあります。確かに英語学習のためには、 完璧に全部を理解できるようになるまで同じものを何度も観た方が良いですが、大好きな映画 ならともかく、たくさんシリーズのあるドラマや長編映画だと、1本のために何時間もかけ てはいられません。

毎日忙しくて時間にあまり余裕が無い人や、少しでも多くの映画やドラマを観たいという人 には、1本を完璧に理解するのではなく、複数本を観てそれなりに理解することを目標にする と良いでしょう。 定番のフレーズは、いろんな映画・ドラマに共通して出てくるので、最初に完璧に覚える必要 はありません。何度か出会っているうちに、自然とおぼえられます。 反対に、特定の映画やドラマにしか登場しない独特なフレーズやボキャブラリーなどは 覚える必要は無いでしょう。


字幕は消して必ず自分の耳で

海外作品のDVDにはほぼすべてに字幕がついています。しかしその字幕も完璧な翻訳ではありま せん。字幕は、文字数制限があるため役者が話す台詞と100%同じということはなく、 一部省略されていることがほとんどです。 リスニング力を鍛えるには、英語字幕を無くして自分の耳だけで聞く練習をしましょう。 まったく聞き取れない時は、速度を落としたり、英語字幕を表示して確認しながらわかるまで 繰り返し聞くといいでしょう。一文章の中のどの部分が弱く発音されるのかなど、ネイティ ブ英語のくせが聞き取れるようになってきたら、リスニング力が格段に上がっている証拠です。